読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ureteru

カンサツコウサツ

コンテンツ広告の可能性をはてなブログで体験してみたい

はてなブログ Perfect GuideBook 単行本

はてなブログは、文章を丁寧書く人のためにあると思っていいだろう。また、そうあるように、オリジナリティーのあるコンテンツをグーグル検索が求めていることから、強く、スパムブログはてなはチェックしているともいえる。

そこで、コンテンツと広告について、少し考えてみたい。

とある有名な通販サイトがアフィリエイトのポイントをブログにまとめを読むと。そこには、買う人は説明を読まないとしっかり書いてあるのだ。これは、自分の経験の中でも実感はある。となると、はてなブログのように、コンテンツの良さを大切にしているということは、広告効果とは関係ないことになるのではと、難しい考察にならざるを得ない。

多くの無料サーバー、無料ブログでは、スパム記事だけであっても甘く受け入れているのは、結局は、読む内容がないアフィリエイトしかない記事の方が結局、サービス提供側が提示する広告やマネージメントをしっかり支えているからではないかと逆に推察してしまう自分がいる。

しかし、理想は重要だ。だから、読むべき内容がなくても、広告効果が高いことに挑戦しようと、今日、このブログを始めた。確かめるためだ。どうなるかわからないし、現実、まったく収益につながらないと判断したら、たぶんやめてしまうけど、はてなブログがコンテンツとして優れている、ある意味SNS的なつながりもあるサービスで、コンテンツ広告にどれだけ実益につながるかのゲームをと。

ちなみに、海外の無料サーバーだと、広告なしで提供している。これでは、まったく収益がないと気になっていた。どうやら、収益はあるようだ。更新しなくなったユーザーをせっせと削除する。削除された後も、しばらくは、グーグル検索には表示されて、そこからアクセスがある。このとき、ファイルがないではなく、広告ページにリダイレクトされる。あと、あったのは、サブドメインのURLをタイプミスすると、広告ページにリダイレクトされる。これらの広告が、なかなか怪しいのばかりで、広告費が高めに設定されているんじゃないかと想像して、つまり、サーバー利用者の記事に広告を一切いれなくても、十分サーバーの維持費と利益につながってるのではと。

ま、こういう工夫でいうと、はてなの場合は、キーワードリンクはてなブックマークがあるから、利用者がコンテンツのすぐれた記事を書いてもらえれば、利用者の広告からではなく、派生したリンクページから利益が上がるのかもしれない。実際はどうなんだろうか?

詳しくはこちらから